よくあるご質問

ご利用者様などからよく頂きますご質問内容をまとめています。

よくあるご質問一覧

 
Q. 就労支援事業所ってなんですか?

A.

企業などへの一般就労を希望する障がいのある方に対して、就職するための準備訓練などを行い、知識・能力の向上、実習、職場探し等を通じ、適性にあった職場への就労につなげる事業所です。

 
Q. サービスを受けるためにはどうしたらいいですか?

A.

福祉サービスを受けるには、「障害福祉サービス受給者証」という書類を発行してもらう必要があります。
発行手続きについては、お住まいの市町村にある「障がい福祉課(地域によって呼び名は異なります)」と呼ばれる
障がい者福祉関連の担当部署にお問い合わせください。

 
Q. 利用するのに必要なものはありますか?

A.

以下のいずれかを保持している方が対象です。
・障害者手帳
・障害基礎年金の証明書
・自立支援医療受給者証
※保持していない方でも事前の相談は受付けておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

 
Q. どのような年齢の人が利用していますか?

A.

18歳以上65歳未満の方が対象です。

 
Q. 利用するためにはどうすればいいですか?

A.

まずお電話などでお問い合わせください。
説明会、事業所見学などお越しください。

 
Q. 休暇や遅刻・早退などはできますか?

A.

雇用契約を結びますので、労働者としての権利は保障されます。弊社の休暇、遅刻、早退の届出のルールに従って取得して頂くようになります。
勤続年数に応じて有給休暇の取得も可能です。

 
Q. 保険はありますか?

A.

はい、雇用契約を結びますので雇用保険の加入があります。

 
Q. 就労継続支援A型とB型の違いはなんですか?

A.

利用者の方と”雇用契約”を結び各都道府県の定められた最低賃金を保障するのがA型の特徴です。
B型の場合は雇用契約を結ばず、作業した分に応じた工賃が支払われます。